創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.09.13
創業サポート|一人で金融公庫に申し込むのが不安な方へ

長年勤めてきた会社を辞めて独立したい。

しかし、開業資金がない…

できれば、日本政策金融公庫から借りたいけれど、一人で申し込むのも不安だ…

そんな悩みをお持ちではありませんか?

日本政策金融公庫が行った新規開業実態調査においても、

開業時の苦労のなかで、「資金繰り、資金調達」は2番目に大きい悩みです。

とはいうものの、

グラフからも見て取れるように、

財務等に関する知識の不足で苦労している方もたくさんいます。

開業資金がなく、

それを調達するノウハウも持ち合わせていないのは、

みんな同じなのです。

 

開業するエリア

設立予定日

自己資金

事業内容

年商

資金調達希望額

一般的に開業までには、

・開業するエリア

・設立予定日

・自己資金

・事業内容

・年商

・資金調達希望額

くらいは、決めておかないといけません。

これらを決めたうえで、

全額自己資金で開業するのか、日本政策金融公庫の創業融資を活用するのかで

判断が分かれてくるかと思います。

これらを誰にも相談せずに自分でやるとどうなるのでしょうか?

・開業するエリア

飲食店の場合などでは、エリア次第で客足が変わることから、

日本政策金融公庫の創業計画書の内容もじっくりと検討が必要となります。

・設立予定日

会社を作る場合、自分で登記すると、いつ設立できるかが予測しにくくなります。

・自己資金

日本政策金融公庫の創業融資を活用した場合の適正額などは、

なかなか、自分では判断しにくいと思います。

・事業内容

これまでの経験を日本政策金融公庫の創業計画書にうまく反映させないと、

創業融資の審査に落ちることがあります。

・年商

日本政策金融公庫の創業計画書を甘くみるあまり、

自分でテキトウに見積もると、あとで痛い目にあうかもしれません。

・資金調達の希望額

これも自分ではいくら日本政策金融公庫から借りられるかは、判断がしづらいものです。

 

 

しかし、税理士事務所を活用し、創業サポートを受けると、これらの問題が解決できます。

開業するエリア

OK

設立予定日

OK

自己資金

OK

事業内容

OK

年商

OK

資金調達希望額

OK

 

・開業エリア

候補が複数ある場合、複数の創業計画書のなかで、どれがベストかご相談できます。

・設立予定日

会社設立の場合、司法書士と連携するため、いつ設立できるかの検討がつきます。

・自己資金

これまでの日本政策金融公庫の融資実績に照らし、最適な額をご提案できます。

・事業内容

どうやって日本政策金融公庫の創業計画書に反映させるのがベストかのご相談ができます。

・年商

日本政策金融公庫の融資の成功事例に照らし、自己資金や希望融資額とのバランスで

適正な額を見積もるお手伝いができます。

・資金調達の希望額

日本政策金融公庫の融資の成功事例に照らし、適正な額のご提案ができます

 

また、開業時には、開業手続きの青色承認申請をはじめ、

さまざまな節税対策もご提案しています。

今年の4月~開始の会社では、

所得拡大促進税制の適用要件も緩和されたことから、

こうしたタイムリーな情報も提供しながら、

創業後のサポートをさせていただきます。

 

創業後の節税対策

・青色申告の承認申請

・少額減価償却資産の損金算入

・所得拡大促進税制の適用

・小規模共済の加入 など

 

こうした創業サポートで大切にしているのは、

お客様とのコミュニケーションです。

携帯電話、メールその他、lineなど、あらゆる通信手段を使い、

頻繁にやり取りをさせていただくなかで、創業までのサポートをしています。

 

一人で悩まず、ぜひ専門家のご活用をご検討ください。

相談は無料です。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP