創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.10.16
創業時の最大の苦労

創業時の最大の苦労とは何でしょうか?

誰でも思いつくことかもしれませんが、

それは、お客様の獲得です。

日本政策金融公庫の新規開業実態調査2017年にも

創業時の苦労として

顧客・販路の開拓が資金繰りや財務などに関する知識の不足を抜き、

第一位となっています。

お客様さえ獲得できるめどがつけば、

資金繰りや財務などに関する知識の不足は、

後からついてくるといっても過言ではありません。

というか、お客様を獲得できるめどがつけば、

資金繰りや財務などに関する知識の不足は、

我々専門家を活用すれば、カバーできます。

そこで、このコラムでは、

過去の創業計画書や私自身の東京・埼玉での異業種交流会の失敗体験などをもとに、

顧客の獲得方法についてまとめてみたいと思います。

一口に顧客の獲得方法といってもいろいろあるので、

顧客獲得のためにやるとよいことと

やってもあまり効果がなさそうなことに二分してみました。

(あくまで個人的な見解であり、業種や人によってどの方法が最適かは異なります。)

・顧客獲得のためにやるとよいこと

□立地を慎重に選ぶ

飲食店を開業する場合、立地は非常に重要なものであると

みなさん認識しています。

立地次第で、創業計画書の中身も全然異なってきます。

場所によって、客層や単価、込み合う時間、売れるメニューや

ライバルとの競合状況といったものが異なるからです。

立地の選び方としては、

いくつか候補を選び、

家賃や広さ、駅の近さ、客層や単価といった各項目ごとに

得点をつけてゆき、上位3つくらいのエリアから、内覧などをはじめてゆくといいでしょう。

□商品やサービスに磨きをかける

ある塾を開業する方が言っていましたが、

「自分の塾に入る生徒を増やすには、いい授業をするしかない。」

と。

いい授業をすると、口コミで広まり、生徒が増えてゆくそうです。

塾だけではなく、美容室でも整骨院でも、この辺は同じです。

商品やサービスに磨きをかけることで、少しづつ、その魅力を浸透させると、

顧客が増えて行くというのは、多くの方が感じていることと思います。

商品やサービスに磨きをかけるには、

経験を積んで、自らの技術に反省や工夫を加えてゆけばいいので、

お金はあまりかかりませんが、

時間がかかります。

創業時はとかくお金が足りないので、

これ一辺倒だと、なかなか苦しいところです。

□広告を出す

創業計画書を見ていても、広告費を計上されるかたは多いです。

チラシやHPなどで広告を出すと、即効性があります。

ただし、商品やサービスに磨きをかけるのにくらべ、

即効性はあるものの、お金がかかります。

□交際費を出す

建設業などでは、仕事を取るために交際費がたくさん出ることあよくあります。

元請けの気前のいい社長さんをじゃんじゃん接待することで、

仕事がバンバン入ってくることもあります。

もっともこうしたやり方は、あまり一般的とは言えません。

得意先に気前のいい社長さんがいることは、稀なケースだと思います。

□仲間に仕事をふる

税理士や社労士など、士業では、士業同士で仕事をふったり、ふられたりします。

仲間がいたら、仕事をふっていると、その仲間から自分に仕事がふられます。

人は与えられていると、お返ししたくなるものです。

そうした人の心理を読みながら、まずは仲間に仕事を与える努力をするといいと思います。

・顧客獲得のためにやってもあまり効果がなさそうなこと

ここからは私の失敗体験です。下記のやり方でも顧客が獲得できる人いますので、

あくまで参考までにご覧ください。

□異業種交流会にたくさん出る

開業前には、多い時で月に10回くらい異業種交流会に出ていました。

合計300枚くらいの名刺交換しましたが、

案件になったのは、確定申告1件のみでした。

異業種交流会はインターネットで手軽に申込みでき、

1回3000円くらいです。

だいたい5名~30名くらいの方と名刺交換できますが、

参加者は、保険屋さんと不動産投資会社、士業、コンサルタント

といったメンバーでほぼ固定されている感があります。

何度か参加していると、毎回同じようなメンバーと遭遇し、

新鮮味に欠けてきます。

参加者の多くは自分を売り込むことばかり考えているためか、

なかなかこちらの商談は進みません。

手軽に参加できる分だけ、太い人脈につながらないのが実状かと思います。

□SNSに時間をかける

Facebookだとすぐに数千人、

アメブロだとすぐに数百人とつながることはできますが、

顧客の獲得まではなかなか至らないような気がします。

アメブロは2年近くやっていますが、

問合せはありません。

Facebookも友達は5000人近くなりますが、

問合せはありません。

これらは無料のツールなので、手軽に見込み客との

接点は保てますが、顧客獲得を目指すなら、

これらに時間をさくより、商品やサービスに磨きをかけたほうがいいと思います。

□経営者同士の集会に参加する

経営者同士の集会というものがあります。

しかし、それもビジネスの人脈までつくれるかどうかは難しいと思います。

友人はたくさんできますが、

こうした集会に参加する経営者は、ビジネスの話は避ける傾向にあります。

ビジネスはさておき、その集会をいかに盛り上げるかが関心事で、

その集会の幹事は誰がするか、会長は誰がするかといった

人事の話が中心となったりします。

まとめ

創業時の最大の苦労は、顧客の獲得です。

顧客を獲得するのにもっとも即効性があるのは、

お金を使った広告です。

なまじ手を出しやすい異業種交流会やSNSは、かえって時間を浪費することになります。

創業時は、広告費にも頭を悩ませるところだと思います。

その場合は、日本政策金融公庫の創業融資を活用し、

広告費をまかなってはいかがでしょうか?

 

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP