創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.11.16
日本政策金融公庫の審査が厳しいと感じられる理由

日本政策金融公庫の審査は人によっては、

厳しいと感じられるようです。

そのためか、

日本政策金融公庫の融資の申請を自分でやろうとすると

成功確率は50%以下とも言われています。

日本政策金融公庫の審査が厳しいと感じられる理由をいくつかあげてみます。

□事業経験が不足しているために断られた。

□債務整理から5年経っていない。

□固定資産税、住民税、公共料金の支払いが遅れている。

□過去の税務申告に遅れがある。

□自己資金が足りない。

□事業開始後の予想売上が足りない。

□転職を繰り返している。

□代表者に多額の貸付金がある。

□他の金融機関からお金を借りすぎている。

□希望の融資額が多すぎる。

□店舗や事務所の賃貸契約のめどが立たない。

日本政策金融公庫の創業融資に申し込む人の多くは、

事業経験が浅く、これらのいずれかにひっかかることが多いようです。

事業計画自体はしっかりしているものの、

代表者に税金の滞納があるとか、

自己資金は十分だけど、

転職を繰り返しているとか

全体的にムラがあるため、

日本政策金融公庫の審査が厳しいと感じてしまうと思います。

では、どうすればいいのでしょうか?

日本政策金融公庫では、創業融資の審査のポイントして

次の5つをあげています。

①優れたアイデア

②事業に関する経験

③幅広い人脈

④綿密な情報収集

⑤自己資金

これらに加え、信用情報に傷がないことなどが

創業融資の審査ではポイントとなってきます。

創業融資の審査では、

これらのポイントを網羅的におさえる必要があります。

創業融資の審査が厳しいと感じる方の多くは、

自己資金は100点をつけられるものの

情報収集が30点くらいだったりします。

審査では、これらのポイントのうち、

特定のポイントで高得点を狙うよりも

すべてのポイントで平均点を上回るほうが

印象はいいようです。

要するに創業融資の審査のポイントを

バランスよくおさえることが肝心です。

こうしたバランス感覚は、

自分だけではなかなか身につかないものです。

やはり、第三者から見て

創業融資の審査のポイントが

バランスよくおさえられているかのチェックが必要です。

こうしたチェックとその後の改善が、

創業融資の審査のポイントで平均点以上をとることにつながります。

自分でやるよりも

専門家と相談のうえで融資の申請をしたほうが

高確率なのは、こうした事情によると考えています。

日本政策金融公庫の審査が厳しいと感じているかたは、

ぜひ、一度、無料相談のご連絡をいただければと思います。

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP