創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.12.24
「起業で成功するポイント」

埼玉県さいたま市、川口市、東京都北区、板橋区などから
起業や会社設立、確定申告他、
日本政策金融公庫の創業融資
のお問い合わせをいただいております
北区創業融資センター@赤羽駅前こと
田口通税理士事務所の税理士の田口です。
起業する方の主な動機は下記のようなものです。
・いい物件が見つかった。
・先代のオーナーから店を引き継ぐことになった。
・独立できるだけの経験値が備わった。
・フランチャイズで事業を始められそうな気がした。
・会社を作って節税したい。
・独立して自分の力を試したい。
・先代オーナーと喧嘩別れし、独立せざるをえなかった。
節税や自分の力を試したいといった動機以外だと、
それが物件であれ、
経験値であれ、
起業することで一定の収入が見込めることが
主な動機となっているようです。
ただし、
一定の収入が見込めることが動機となっていても、
起業で成功するには、
その事業の経験値が重要なものとなります。
未経験でも
フランチャイズでやれば
一定の収入が見込めるから公庫の融資も
通りやすいのでは・・・
という発想は、なかなか厳しいと思います。
日本政策金融公庫の
2017年の新規開業実態調査では、
創業時に公庫から
融資を受けた人のうち、
現在の事業に決めた理由として、
「これまでの仕事の経験や技能を生かせるから」
と答えた人が、43.6%を占めます。
その一方で、
「成長が見込める事業だから」
と答えた人が9.5%
「経験がなくてもできそうだから」
と答えた人は1.2%
となっています。
仮に今後、成長が見込める事業だから、
未経験でも融資は通るのでは・・・
と考えている人は、
融資が通った人の1割に過ぎません。
それに対し、
「これまでの仕事の経験や技能を生かせるから」
と考えて起業した人は、
全体の約4割を占めます。
こうした調査の結果からみても、
公庫が
起業で成功するポイントとして
これまでの仕事の経験を
重視していることはたしかです。
そのため、
創業の動機としても、
・フランチャイズで事業を始められそうな気がした。
といったものより、
・先代のオーナーから店を引き継ぐことになった。
・独立できるだけの経験値が備わった。
といったもののほうがいいでしょう。
実際にこれまで
北区創業融資センター@赤羽駅前で
サポートさせていただいた方々におかれましても、
事業経験の豊富さと
その後の業績は連動する傾向にあります。
経験が豊富だと、その分、
他社との差別化につながるノウハウも蓄積されますし、
勤務時代に培った人脈から取引先も確保でき、
安定した受注も見込めます。
これから起業を考えているかたは、
これまでの仕事の経験や技能を生かし、
幅広い人脈があるかどうか
をまずは検討されるとよいでしょう。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP