創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.12.24
会社設立の自己資金(資本金)0でいいことはある?

会社設立の自己資金(資本金)0でいいことはある?

北区、川口市を中心に会社設立や
日本政策金融公庫の創業融資
のお問い合わせをいただいております
北区創業融資センター@赤羽駅前こと
田口通税理士事務所の税理士の田口です。

会社を設立すると同時に
日本政策金融公庫から創業融資の
申し込むかたはたくさんいます。
そのなかには、
資本金(自己資金)は
0でも融資がたくさん
受けられないかと考えるかたもいます。
たしかに
日本政策金融公庫の
「新創業融資制度」では、
建前上、資本金(自己資金)の
9倍が融資限度額として定められているため、
そのように考えるのも無理はありません。

ところが、
日本政策金融公庫の2017年の
新規開業実態調査には、
公庫から融資を受けた方の
自己資金の割合は約1/5、
自己資金の平均は約300万円です。
資本金(自己資金)に関しては、
10万円で合同会社を作ろうとする方も
たくさんいますが、
公庫から創業融資を受けようと思ったら、
ある程度の資本金(自己資金)は必要です。
また、
資本金(自己資金)が100万円未満だと、
「小さな会社だな。」
と思われたり、
事務所家賃の保証金や
備品の購入代金、
仕入代金や人件費などで
すぐになくなってしまいます。
さらに
業界未経験で
新たに会社を作って
創業融資を受けようとする場合、
自己資金が0だと
いっそう融資の審査は厳しくなります。
資本金(自己資金)が0だと
いいことはないのです。

資本金(自己資金)は
公庫との面談の際に、
預金通帳により、
その蓄積状況が確認されます。
面談前に一時的に他から
お金を借りて資本金(自己資金)に
見せかけようとすると、
それは、「見せ金」となり、
公庫の担当者からは、嫌われます。
姑息な手段は避けるようにしましょう。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP