創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.01.25
北区・川口市で確定申告|日本政策金融公庫と納税証明書

川口市、東京都北区などから

起業や会社設立、確定申告他

日本政策金融公庫の創業融資

のお問い合わせをいただいております

北区創業融資センター@赤羽駅前こと

田口通税理士事務所の税理士の田口です。

そろそろ所得税の確定申告の時期ですが、

直近2期分の確定申告書の控えは、

個人事業主が公庫と付き合ううえで

大切な書類となります。

これに加え、

直近の売上、経費の状況が

わかる資料があれば、

信用情報に傷がないことや

希望借入額が売上の規模に見合うかどうか

といったところが審査のポイントとなるでしょう。

とはいうものの、

北とぴあ、赤羽会館、赤羽北ふれあい館、

滝野川会館、SKIPシティ

といった会場などで確定申告している場合、

確定申告書の控えを

紛失してしまうこともあるようです。

こうした場合、

確定申告書がないために公庫融資は

あきらめなければならないかというと、

そうでもありません。

直近2年分の所得税の確定申告書のうち、

1年分くらい欠けていても、

税務署から納税証明書をもらえば、

融資の審査はしてもらえることがあります。

納税証明書には、

納税額等の証明と所得金額の証明が

記載されています。

所得税の確定申告をしたら、

控えはとっておいたほうがいいですが、

控えをなくした場合、

こうした納税証明書を

川口税務署、西川口税務署、王子税務署他

でとっておくといいでしょう。

そのうえで、

直近の売上や経費についてまとめておけば

審査にのぞみやすくなると思います。

なお、

税理士事務所に依頼すれば、

確定申告書の控えはすぐに出せるので

これまで自分で確定申告していた方は、

税理士事務所に相談するのもいいかもしれません。

 

 

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP