創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.01.31
個人事業主が日本政策金融公庫の融資で確定申告書の控えをなくしたら

個人事業主が日本政策金融公庫の融資で確定申告書の控えをなくしたら

すでに事業を営む個人事業主のかたで

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、

過去2年分の所得税の確定申告書が

必要となります。

税理士事務所で確定申告をしている場合、

控えが紛失するということは、

まずありえませんが、

自分で申告している場合、

ときどき控えが紛失することがあります。

その場合、

税務署には閲覧請求をすることができます。

申告書を閲覧し、

自分で申告内容を書き写します。

過去2年分の所得税の確定申告書のうち、

1年分の控えが紛失した場合などは、

こうした書き写しに加え、

納税証明書があれば、

公庫の審査はすすみます。

確定申告書の控えは、

なくさないに越したことはないですが、

なくした場合も

あきらめないことが肝要です。

 

 

 

 

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP