創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.04.06
創業計画書は自分で作成するか代行してもらうか

日本政策金融公庫の創業融資

を受ける際に使用する

創業計画書は自分で作成するか

専門業者に代行してもらうか

どちらがいいのでしょうか?

自分で作成する際のメリットは

・事業内容を整理できる

・自社の強み、弱みを整理できる

・成功報酬等が発生しない

自分で作成する際のデメリットは

・創業の準備が忙しく時間がとれない

・どう作成したらいいかわからない

・融資成功の確率が下がる

といったところのようです。

専門業者に代行する際のメリットは

・自分の時間が取られない

・融資の確率が上がる

・計画の中身に説得力が増す

専門業者に代行する際のデメリットは

・成功報酬などが発生する

・面談の際、自分の言葉で説明責任が生じる

・専門業者により対応に差がある

といったところのようです。

どちらがいいかとは

一概には言えませんが

時間がなくて融資の確率を高めたいのであれば

専門業者に代行してもらうのがいいでしょうし

時間があって費用をおさえたいのであれば

自分で作成するのがいいでしょう。

ただし

自分で作成する場合は

少なくとも半日くらいは時間を確保して

じっくり創業計画書を作成しましょう。

専門業者に代行を依頼する場合は

専門業者と連絡をまめにとり

自分で創業計画書の内容を

説明できるようにしましょう。

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP