創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.04.27
2分でわかる|会社設立の際の決算日の決め方

2分でわかる|会社設立の際の決算日の決め方

決算日とは会社が決算を行う際の

会計期末の日を言います。

4月1日~翌年3月31日が会計期間であれば

翌年3月31日です。

決算日の決め方

①設立から約1年後に設定

年の中途で会社を設立した場合

だいたいの会社がその約1年後に設定しています。

例えば2月15日に会社を設立したら

翌年1月31日という具合です。

決算日は必ずしも1年後に設定しなければならない

というものではありませんが

こうすることで

決算日から2月後の法人税の申告期限を

最大限、長くできるので多くの会社が

1年後に決算日を設定しています。

②繁忙期を避ける

決算日を決める際には

本業の繁忙期を避けるようにしましょう。

決算日から2月以内に

法人税の申告をしますが

繁忙期と重なると

会計事務所とのやり取りも頻繁になるので

本業にいい影響はでません。

会社の決算日は12月31日と1月31日は

おすすめしません。

個人事業主の決算日が12月31日であり

所得税の確定申告に追われる

会計事務所側の繁忙期と

会社の法人税の申告時期が重なるためです。

③創業支援等の特典を活かす

北区・足立区・瀧野川信用金庫連携の創業セミナー

4回すべて受講することで

会社設立時の登録免許税の軽減などの特典があります。

セミナーが終わるころを見計らって

会社設立をし、決算日を決めるというのも一つの手かもしれません。

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP