創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.01.23
「北区・川口市で法人設立|税務署まで行きますか?」

川口市、東京都北区などから

起業や会社設立、確定申告他、

日本政策金融公庫の創業融資

のお問い合わせをいただいております

北区創業融資センター@赤羽駅前こと

田口通税理士事務所の税理士の田口です。

会社をつくると、

給与の支給人員が常時10人未満の会社の場合、

税務署に出す主な書類は次の4つです。

(会社によっては、異なることもあります。)

・法人設立届出書

・青色申告の承認申請書

・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

・給与支払事務所等の開設届出書

自分でこれらの書類を税務署に

紙で提出すると、時間がかかります。

ちなみに

西川口税務署は西川口駅から徒歩8分

川口税務署は川口駅から徒歩20分

王子税務署は王子駅から徒歩13分

の距離にあり、

交通のアクセスを考慮すると、

税務署に行って帰るまでは、

ある程度の時間がかかってしまいます。

こうした時間を省略するために

電子申告があります。

会計事務所に設立手続きを依頼すれば、

会計事務所のほうで

電子申告の開始届を出し、

利用者識別番号と暗証番号を取得します。

こうした手続きをし、

パソコンで

・法人設立届出書

・青色申告の承認申請書

・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

・給与支払事務所等の開設届出書

を提出し、

後日、控えが必要であれば、

お客様にメールや郵送などで

送ることができます。

こうした税務手続きの電子化の流れは、

設立手続きだけにとどまりません。

税務署に提出する

決算書も法人税の申告書も

電子申告で送られてゆきますし、

政府税制調査会の資料によると、

2020年10月から、

年末調整も電子化されることが検討されています。

これまで保険会社から

従業員に書面で送られてきた控除証明書等は、

手作業で処理して会社に渡していたものでしたが、

今後は、こうした控除証明書等のデータが、

国税庁のアプリケーションをダウンロードすることで

従業員のパソコンに保管され、

それを会社に送信するという流れになりそうです。

要するに

法人設立を機に電子申告をすることで、

税務署に行く時間も浮き、

年末調整の電子化も進めば、

従業員の手間も減ります。

法人設立に際し、

会計事務所と相談すれば、

こうした時間と作業の省略が進みます。

そしてその分、

本業に専念しやすくなります。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP