創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.02.17
日本政策金融公庫の面談のポイント

日本政策金融公庫の面談のポイント

日本政策金融公庫の創業融資を

受ける際は、最寄の窓口に面談の予約を入れます。

そこで今回は、公庫の面談のポイントをまとめました。

①場所

北区・板橋区周辺だと、

日本政策金融公庫の板橋支店になるかと思います。

②時間

公庫担当者との面談時間は

おおむね30分程度ですが

1時間近くかかることもあるようです。

③必要な資料

面談では、創業計画書の他

・給与所得の源泉徴収票

・運転免許証

・不動産の賃貸契約書

・通帳

・固定資産税の領収書

・創業のため使用した資金の領収書

・得意先との契約書

・借入申込書

・その他(謄本など)

といった資料が必要になります。

④面談で聞かれること

面談では、創業計画書に沿って

・創業の動機

・経営者の略歴

・取引の条件

・自己資金の出所

といったことが聞かれます。

⑤面談でのポイント

面談でのポイントとしては、

創業計画書の内容を

事前に整理したうえで

・これまでの職務経験を創業にどう活かすか

・取引先はすでに決まっているか

・自己資金がコツコツ貯まっているか

といったことを自分の言葉で

説明できるようにしておくことです。

当事務所を通じて

面談の日にちを決めると、

創業計画書をはじめとする

資料の大部分は事前に公庫に渡っています。

公庫との事前の調整のなかで

創業計画書の見直し等も済み、

自分で直接やりとりする場合に比べ

公庫担当者との意思疎通がしやすくなります。

面談のポイントのなかには、

創業計画書を書く段階で

相談相手を見つけ、

公庫との間に入ってもらうことも

ふくまれるかもしれません。

おわりに

公庫とはじめておつきあいされる場合、

面談でどんなことを答えたらいいか

という以前に、そもそも論として

どうゆう資料を用意したらいいか

よくわからないという方もたくさんいます。

こうした場合、

自分で直に公庫に問い合わせるのもいいですが、

公庫への申請をサポートする相談相手に

一度、相談してみるのもいいでしょう。

資料作成から面談までの流れ、

さらには、会社設立なども

含んだご相談を無料で受け付けています。

お気軽にご相談ください。

 

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP