創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.03.27
個人事業主の青色申告の承認申請書の書き方の注意点

個人事業主が青色申告の承認を受けようとする場合、

青色申告書による申告をしようとする年の3月15日まで

(その年の1月16日以後、新たに事業を開始した場合には、

その事業開始等の日から2月以内。)に

所得税の青色申告の承認申請書を

税務署に提出する必要があります。

ところが、新たに6月に開業して

所得税の青色申告の承認申請書を提出しても

「4 本年1月16日以後新たに業務を開始した場合、

その開始した年月日」の項目に記載がないと、

その年は白色になることがあります。

開業年月日が書かれていないため、

税務署としては、その年の翌年3月15日までに

所得税の青色申告の承認申請書が提出されたとみなし、

翌年から青色となるようです。

下のサンプルは、こうした点をふまえ

作成したものです。

創業時に青色申告していないと、

税金だけではなく、

日本政策金融公庫の融資を受ける際も

印象が悪くなります。

税務署類の作成と提出は慎重になるといいでしょう。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP