創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2018.12.24
「北区、川口市で会社設立、創業融資|新規事業の融資」

北区、川口市を中心に会社設立や
日本政策金融公庫の創業融資
のお問い合わせをいただいております
北区創業融資センター@赤羽駅前こと
田口通税理士事務所の税理士の田口です。

現在、個人で事業を営んでおり、
新たに会社を設立し、
公庫から融資を受けたいという
ご相談をしばしば受けます。
その際、個人で日本政策金融公庫から
すでに1500万円以上の借入があり、
新たな会社で公庫から
いくら借りられるのか
気になる方もいます。
このようなケースで、
ポイントなるのは、
個人の借入額と
会社での新規借入額を
合算することです。
個人と会社だから
別々の事業体であり、
個人のときに借りたお金は
会社の融資の審査の際は、
まったく問題にならない。
というわけではありません。
個人事業ですでに
1500万円を公庫から
借りている場合、
個人と会社をあわせ
2000万円くらいが
一つの目安と言えるかもしれません。
この場合、
会社の事業計画書がいくら
よくできていても
融資の審査には関係ありません。
いくら経営者に
事業経験が豊富でも
いくら会社の自己資金が多くても
いくら売上計画に
信頼性があっても
個人事業での借入額が
ある一定の規模だと、
会社で新たに借りられる
お金には、制限がかかります。

要するに
個人と会社の二つの事業体であっても
お金を貸す側から見たら
同じ人が経営している以上、
区別はしないと言えます。
あくまで
個人と会社のトータルの借入額が
いくらかという視点で
融資の審査はなされ、
会社の借入限度額は決まってゆきます。
会社の借入額を増やすとしたら、
個人事業で借りたお金を
コツコツ返済し、
借入限度額にゆとりを持たせることが
必要です。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP