創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.04.25
1分でわかる|500万円未満の一人創業のメリット・デメリット

1分でわかる|500万円未満の一人創業のメリット・デメリット

日本政策金融公庫の2018年の「新規開業実態調査」では

開業費用のうち500万円未満の割合が最も多く

開業時の平均従業者数は3.4人となっていますが

一人創業するかたも実際にはけっこういます。

一人創業のメリット

・集合時間などにしばられない

・事業で得たお金をある程度、自由に使える

・反対する人がいないので事業のアイデアをすぐ実行できる

・開業資金が少額で済む

・一人で始める分、失敗した際のリスクも抑えられる

といったところかと思います。

一人創業のデメリット

・身近に税金や経営の相談相手がいない

・軌道に乗るまで売上は少ない

・自分が間違った判断をしても反対意見がない

・仕事が少ないときに時間を持て余す

・責任はすべて自分に降りかかってくる

といったところかと思います。

一人創業を成功させるには

相談相手が必要なのです。

日本政策金融公庫の2019年の

「起業と起業意識に関する調査」では

起業する際にあったらよいと思う支援策で

税務・法律関係の相談制度の充実が1位となりました。

こうした実態もふまえると

一人創業のときこそ

身近な専門家である税理士を活用してもいいのかもしれません。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP