創業資金のお悩み無料相談受付中!

新着情報

2019.04.13
創業時の資金調達の方法

創業時に全額、自己資金だけで

まかなえたらいいのですが

そうもいかないことも多いと思います。

自己資金でまかないきれない場合の

創業時の資金調達の方法は

・借入

日本政策金融公庫や民間金融機関

親や知人などからお金を借りる。

・出資

投資会社などから設立時に

出資を受ける。

・贈与

親や知人などからお金をもらう。

借入との違いは返済不要な点。

・助成金

自治体や厚生労働省系の助成金。

補助金同様に返済は不要。

・補助金

自治体や経済産業省系の補助金。

といったところかと思います。

もっともポピュラーなのは

日本政策金融公庫の創業融資です。

平成28年度の実績は28,392企業です。

これはダントツといっていいと思います。

2017年のベンチャーキャピタルの数は1,101社です。

キャリアアップ助成金にかかわる

有期契約労働者等の処遇 改善に取り組んだ事業所数は

平成28年度は2,921です。

平成29年度の創業補助金の採択件数は109件です。

公庫の創業融資はケタが違うのです。

贈与に関しては

親や知人からお金をもらって創業する場合を意味します。

これに関しては国税庁の統計などを見ても

正確な件数は把握しずらいのですが

実務上、親から子への贈与は

住宅資金が多いと感じます。

そのため、公庫の創業融資実績に比べると

はるかに少ないと思います。

創業資金の調達方法はいろいろありますが

こうした実施件数も参考に

どういう方法がベストか検討してみるといいかもしれません。

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
無料相談受付中!

0120-026-063

事務所情報
新着情報
PAGETOP